1:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越)2011/08/13(土) 18:07:13.04 ID:hbLJo41sO

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201108120030.html

呉市吉浦町の海上自衛隊呉造修補給所貯油所の警備犬の金剛丸が、死んだ。
海自隊に2匹しかいない国際救助犬の試験に合格した犬で、3月の東日本大震災では
生存者の捜索に従事した。

呉地方総監部によると、雄のジャーマンシェパードで4歳4カ月。2008年2月から貯油所で
不審者警戒などの任務に就いていた。09年には、国際救助犬連盟が救助犬の能力を測る
目安としている試験に合格した。

震災では発生翌日から仙台市で捜索に当たった。がれきで足をけがしてもひるまず、
水の中も泳いで捜した。生存者は発見できなかったが、指導担当だった松元さん(59)は「懸命に任務を続け、
頭の下がる思いだった。あれだけ救助犬の素質がある犬はなかなかいない」と惜しんだ。

金剛丸は災害派遣後に体調を崩し、9日に肺炎で死んだ。震災派遣が最後の任務だった。





写真説明 東日本大震災で被災した仙台市で、がれきの中から生存者を捜す金剛丸(3月13日)


続きを読む