1:名無しさん@涙目です。(秋田県)2011/05/26(木) 18:24:38.79 ID:6s9MI0720●

世には様々な評論家がいるようで……。
聞いたことがあるのが「夜景評論家」、
「ペン回し評論家」、「坦々麺評論家」などなど。

なんだ、そりゃと思っていたものだが、
新たな珍評論家を発見。その名も「アイス評論家」。
しかも、コンビニで販売している“コンビニアイス”に
特化した評論活動を行っているらしいのだ。

そこで、ご本人に直接伺ってみた。
どうして、コンビニアイスの評論家になったのか?
「子供の頃からアイスが大好きで、アイスをずっと食べていたんです。その後、『コンビニアイスマニア』
というサイトを立ち上げ食べたアイスの情報を発信するようになりました」
(アイス評論家・アイスマン福留氏)


いかがだろうか。“アイスマン福留”氏である。スゴい名前だ……。

それにしても、アイス評論という文化が今まで無かったのが不思議なくらい。
そして、それも“アイスマン福留”誕生の一つのきっかけであった。
「日本アイスクリーム協会の『アイスクリーム白書2010』におけるデザート調査によると、お菓子や飲み物を対象とした中で、最も人気のある“キング・オブ・デザート”はアイスクリーム(88.5%)だったんです。
また、全体の97.7%の人がアイスクリームを『好き』と答えています。そんな、みんな大好きアイスクリームなのに、“アイス評論家”という存在はいない。『ガラ空きだから、自分がやってみよう!』と思ってしまいました」(アイスマン福留氏)

その中でもコンビニ販売のアイスに限定しているのには、何か理由が?
「私自身、買うのは殆どコンビニアイスです。その際に気づいたのですが、コンビニに行くと新しいアイスが次々に出ています。なので、いくら紹介しても尽きません」(アイスマン福留氏)

なるほど。そこで、コンビニアイスを知り尽くした福留氏に聞いてみた。
今までの人生における、フェイバリット・アイスは?
「森永さんの『チョコモナカジャンボ』ですね。僕の幼少期には『チョコモナカデラックス』という商品名だったんですが、その頃から好きでした」(アイスマン福留氏)

福留氏いわく、この『チョコモナカジャンボ』が売れ続けているのには理由がある。

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1306237262416.html

続きを読む