資源エネルギー庁

経済産業省、「原発推進に不都合な言論」のネット検閲を開始

コメント [ 14 ]
tweet はてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク


1:名無しさん@涙目です。(不明なsoftbank)2011/08/11(木) 01:11:26.64 ID:+9QUrAqC0

経済産業省傘下の資源エネルギー庁(エネ庁)は、「平成23年度原子力安全規制情報広聴・
広報事業(不正確情報対応)」として、原発や放射能に関するツイッターやブログへの書き込みに対する
モニタリングを開始する。実務を行なうのは、7月半ばに行なわれた入札で、来年3月までの契約を
約7000万円で落札した某大手広告代理店だ。その目的は、同庁のホームページにこう記されている。

<ツイッター、ブログなどインターネット上に掲載される原子力等に関する不正確な情報又は不適切な情報を
常時モニタリングし、それに対して速やかに正確な情報を提供し、又は正確な情報へ導くことで、
原子力発電所の事故等に対する風評被害を防止する>

エネ庁といえば、国の原子力政策を推進する立場。
広告代理店と手を組み、自分たちにとって都合の悪い情報の発信源を監視するということか。
同事業を所轄するエネ庁原子力立地・核燃料リサイクル産業課はこう説明する。
「まず『監視』ではありません。『情報収集』です。あくまでツイッターをはじめ、ネット上で今、
原子力に関するどんな風評被害が広がっているのかを調査するためのモニタリング。最終的にはそこに
集まった誤った情報や不適切な情報をもとにQ&A集を作り、正確な情報を国民に広く伝えます」

と、あくまで原子力発電の風評被害を防ぐことが目的だという。だが、別の経産省の職員がこう釘を刺す。
「ネットを監視するのだから当然、自分たちにとって都合のよい検索ワードを決めて『不適切な情報を抽出』
するつもりでしょう。要するに、国が原発政策を進めやすい最適な情報だけを流通させるというのが
本当の狙い。これでは公権力による“ネット検閲”と受け取られても仕方がありません」

しかも、こうした“監視事業”の対象はツイッターやブログだけではない。実はすでに昨年、新聞がその標的と
なっていたのだ。地方記者がこう語る。「エネ庁は全国紙5紙と原発立地県にある地方紙20紙を対象に、
原子力に関する掲載記事を監視していました。そのうえで不適切な記事が発覚した場合には訂正情報を
作成してホームページに掲載していたのです」

正しい情報への誘導か、それとも情報統制か。しばらくは、国民による“監視”が必要だ。

http://wpb.shueisha.co.jp/2011/08/10/6346/



2:名無しさん@涙目です。(鹿児島県)2011/08/11(木) 01:11:38.99 ID:kus3x5Kt0

きたかっ・・・!


3:名無しさん@涙目です。(不明なsoftbank)2011/08/11(木) 01:12:26.68 ID:BGKUd03H0

何だ中国の話か


続きを読む

資源エネ庁「2chとかツイッター監視しろ 契約金は7000万だ」アサツーディ・ケイが契約獲得

コメント [ 20 ]
tweet はてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク


1:名無しさん@涙目です。(dion軍)2011/07/30(土) 20:54:32.83 ID:0NiQzkr50

資源エネ庁「2chとかツイッター監視しろ 契約金は7000万だ」アサツーディ・ケイが契約獲得

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2817039/7545480?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

7月30日 AFP

政府は29日、経済産業省資源エネルギー庁が、インターネットニュースや
マイクロブログ「ツイッター(Twitter)」上の原子力政策に批判的な投稿を監視しているとの疑惑を
否定した。

資源エネルギー庁は今月初め、「平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)」で、
原子力発電所や放射能に関するネットやツイッター上の書き込みを常時モニターする業者の入札を実施。
都内の広告代理店「アサツーディ・ケイ」(Asatsu DK)が7000万円で、12年3月までの契約を獲得した。

契約の内容は、ブログやツイッター上で、風評被害につながりかねない不正確または不適切な情報の調査・
分析を行いエネルギー庁に報告し、専門家の意見を得た上で、必要であればQ&A形式で正しい情報を同庁の
ウェブサイトおよびツイッターアカウントに掲載することとなっている。

海外メディアの中には、日本政府は東京電力(TEPCO)の福島第1原子力発電所に批判的な
記事や論評を「消去」する法律を可決したと批判する報道が出ていた。

これについて、資源エネルギー庁広報はAFPの取材に対し、政府の目的は検閲ではないと一部の報道を否定。
復興予算の中から風評被害を防ぐ目的で不適切なネット情報をモニターする予算を計上していることは
認めたが、政府の説明をウェブサイトとツイッターで周知することが目的で、誤った情報の削除や
書き込んだ人物の特定をプロバイダーに求めることはないと語った。(c)AFP

アサツーデイケイ
http://www.adk.jp/



3:名無しさん@涙目です。(富山県)2011/07/30(土) 20:54:59.81 ID:oBUv+tqj0

胸が熱くなるな


5:名無しさん@涙目です。(佐賀県)2011/07/30(土) 20:55:41.98 ID:ax5tzbyN0

監視したり消去したりすることがさらなる盛り上がりを生むんだけど・・・


7:名無しさん@涙目です。(広島県)2011/07/30(土) 20:55:48.58 ID:JhfiDO7O0

私を見て////////


続きを読む

資源エネルギー庁がtwitterなどを監視する業者を募集中

コメント [ 20 ]
tweet はてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク


1:名無しさん@涙目です。(愛知県)2011/07/15(金) 02:01:11.64 ID:h6992Qt90●

仕様書

1.件名
平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)
2.事業目的
ツイッター、ブログなどインターネット上に掲載される原子力等に関する不正確な
情報又は不適切な情報を常時モニタリングし、それに対して速やかに正確な情報を
提供し、又は正確な情報へ導くことで、原子力発電所の事故等に対する風評被害を防止する。

http://www.enecho.meti.go.jp/info/tender/tenddata/1106/110624b/3.pdf



入札公告
 
次のとおり一般競争入札に付します。 平成23年6月24日
支出負担行為担当官 資源エネルギー庁長官官房総合政策課長 小宮 義則

1.競争入札に付する事項
(1)作業の名称   平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)

なお、本件については入札の際に提案書を提出し、技術審査を受けなければならない。
落札決定に当たっては、入札書に記載された金額に当該金額の5パーセントに相当する
額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数が生じたときは、その端数金額を切捨てる
ものとする。)をもって落札価格とするので、入札者は消費税及び地方消費税に係る
課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず、見積った契約金額の105分の
100に相当する金額を入札書に記載すること。

http://www.enecho.meti.go.jp/info/tender/tenddata/1106/110624b/110624b.htm


3:名無しさん@涙目です。(東京都)2011/07/15(金) 02:01:39.37 ID:RCfFngZ50

ワロタ


続きを読む
follow kuma RSS FEED このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 旧ブログ
  • 海上自衛隊レシピ
  • スポンサードリンク



    はてなブックマーク
    はてなブックマーク
    GAME
    BOOK
    TOY
    お世話になっております